ベツコミ

今月号発売中!


和泉かねよし

Vol.5/2004年3月13日


 世の中には、どうかと思うものが流行することがあります。
 この間私は、リップグロスがきれたことを思い出し、ある化粧品カウンターに行きました。「お色、見ましょうか?」とアドバイザーの声。振り向いて私は思いました。

 あんまり、あなたにはアドバイスされたくないな…。

 なんちゅうかね、「顔に偽りあり」ってかんじなんですわ。ここ最近、ぽってり唇がはやっているのは私も知っている。でも唇の輪郭を塗りつぶしてまで、唇を大きくし、セクシーを通り越してダッチワイフの域に入るのはどうだろう…。
 強力なマスカラと付け睫(まつげ)、極太のアイラインでつけた彼女の目力は、私に危うくこう言わせるところでした。

「地元は、エジプトのどこの遺跡ですか?」

 例えクレオパトラが世界三大美人でも、時空を超えた日本人の平たい顔に、そのメイクはいかがなものでしょう。
 メイクが特殊メイクになっていたっていい。でも、大人のおもちゃとエジプト悠久の歴史が混在する、そんな面妖なメイクは避けたいものです。
 そういいながら、小心な私はそのアドバイザーに、しっかりダッチワイフ口にされて帰ってきたわけですが…。
 ちなみにダッチワイフメイクをすると、驚くほど早くグロスが減ります。これって、メーカー側の戦略?


最新メッセージ

ページトップへ

ABJ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 6091713号)です。